スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サントゥアン教会堂(ルーアン)

DSC01792-2.jpg
~サントゥアン教会堂西正面~

ゴシック建築は、シャルトル、ランス、アミアンの所謂古典ゴシックの流れの中で、天井は高く、フライングバットレスは軽快に、柱は細く垂直性が強調され、様式を特徴付ける構造がより洗練されたものへと発展し、1272年に内陣が献堂されたボーヴェ大聖堂においてその頂点を迎える。その天井高は48mにも及ぶが、1284年に一部が崩壊、その後修復・建設が再開、157mの中央尖塔が完成(1573年に倒壊)するも、その後は100年戦争による経済の疲弊もあり、構造に対する実験精神は衰退し、フランボワイアン様式のような細部の装飾に目が向かっていくことになるのだが、一部ではその精神は受け継がれ、新たな挑戦が行われていった。スペインのパルマ大聖堂や、ポルトガルのバターリャ修道院付属礼拝堂等、南方ゴシックの開花がその例の一つだが、ゴシックの揺り籠となったイル・ド・フランスのすぐお膝元であるノルマンディーでも、斬新な実験精神の跡が見られる。それが、今日ご紹介するルーアンのサントゥアン教会堂だ。

DSC01743-2.jpg
~後陣、見事なレイヨナン様式~

正式名称はEglise abbatiale de St Ouenといい、修道院付属の教会堂だが、ノルマンディー地方で最も勢力を誇っていたベネディクト派に属する。ちなみにこのベネディクト派修道院は、ノルマンディー港町Fécamp(フェカン)で27種のハーブをベースにしたBénédictineという蒸留酒を造っていたことでも知られており、今でも当時の製法を遵守したリキュールを製造している。試飲も兼ねたツアーが建築物としても素晴らしい蒸留施設で実施されているので、機会があれば是非訪れてみて欲しい。

DSC00903.jpg
~Palais Bénédictine~

話が少し逸れたが、現在のゴシック建築が着工されたのは1318年、1339年には内陣の完成を見るが百年戦争の影響により建設のペースは鈍化、外陣が完成したのは15世紀の後半のことであった。

DSC01785-2.jpg
~交差部の中央塔~

DSC01756-2.jpg
~交差部~

天井高33m、全長134mと非常に巨大で、ルーアン大聖堂(天井高28m、全長137m)と比べても、どちらが大聖堂か見紛う位の規模だ。交差部にある中央塔は「ノルマンディーの王冠」と呼ばれるフランボワイアン様式の傑作で、82mの高さを誇る。西正面も大変美しいが、これは19世紀半ばの建設されたネオゴシック様式。

DSC01795-2.jpg
~ネオゴシックの西正面~

DSC01796-2.jpg
~拡大部分~

サントゥアン教会堂の建築上の斬新さはその外観に見られる。まずは、以下主要ゴシック大聖堂のフライングバットレスの写真を見て欲しい。

DSC02464a.jpgDSC05268a.jpg
DSC015721.jpgDSC07601a.jpg
~(左上から時計回りに)シャルトル、ランス、ブールジェ、アミアン~

お気付きの通り、通常フライングバットレスは上下二段となっており、上段は屋根に掛かる風の横圧力を受け、下段が建物自体の自重、外に倒れようとする力を支える役目を担っている。ところが、以下、サントゥアン教会堂外陣のフライングバットレスは中間も位置に一つあるだけだ。

DSC01783-2.jpg
~一つしかないフライングバットレス~

つまり、風の横圧力と自重の二つの力を一つのバットレスで支えていることになる。いつも参照させて頂く、ロバートマーク氏の解析によれば、側廊屋根部分に構造以上の力が掛かっているとのことで、実際のその部分を確かめてみると亀裂が見かれ、定期的に石材の交換が行われているようだが、それでも、ゴシック様式の頂点とも言われるアミアンやボーヴェにおいても実施されなかった斬新な発想がサントゥアン教会堂で試みられ、現在でも未だその役目を果たしているという事実には驚かされる。

DSC01746-2.jpg
~後陣のフライングバットレス、他のゴシック建築同様、上下二段となっている~

また面白いのは、建設当初に手掛けられた後陣のフライングバットレスは上下二段になっていることだ。最初に試して問題が発生したから元に戻したのではなく、建設の途中で大胆な実験を試みた、ということで、これこそがゴシックの精神なのだろうと思う。

DSC01749-2.jpg
~身廊、アミアン大聖堂を彷彿させる垂直性~

DSC01754-2.jpg
~交差部から内陣を見る、円柱が天井迄遮ることなく伸びる~

DSC01758-2.jpg
~高いアーケードとステンドグラス化されたトリフォリウム~

DSC01772-2.jpg
~非常に明るい堂内~

堂内に入っても、斬新な構造に接することができる。身廊側面のアーケードが非常に高く、細い円柱と共に、垂直性が強調されている。また、トリフォリウムがステンドグラス化し、大変明るい堂内となっている。垂直性、光、いずれもゴシック建築が目指したものだ。

DSC01763-2.jpg
~内陣高窓層のステンドグラス~

DSC01759-2.jpg
~交差部と内陣のアーケードの高低差~

窓には14、15世紀のステンドグラスが数多く嵌め込まれている。

ここルーアンには、今迄にご紹介したルーアン大聖堂、フランボワイアン様式の傑作であるサン・マクルー教会と共に、今回のサントゥアン教会堂と、数多くの素晴らしいゴシック建築が存在する。また改めてゆっくり鑑賞に訪れたい。

スポンサーサイト

ルーアン大聖堂(夏のスペクタクルショー - その2)

DSC01892-2.jpg
~夕陽を浴びる西正面~

この夏最後のスペクタクルショー見学はルーアン大聖堂。このショーは3年前にご紹介している(http://coutances.blog62.fc2.com/blog-entry-80.html)が、調べてみたら2部構成の内、一部を新しいテーマで開催しているとのことだったので、見に行ってきた。

大聖堂自体は、このブログを書き始めた頃に一度ご紹介している(http://coutances.blog62.fc2.com/blog-date-201004-1.html)が、細部については触れていなかったので、今回改めて少しご紹介させて頂きたい。

ルーアン大聖堂はフランスでも有数のフランボワイアン・ゴシック様式の傑作だが、西正面、南北扉口の彫刻も大変見事だ。まずは、Portail des Libraires=本屋の扉口、の下部にある四角形のレリーフから。ここには旧約聖書を主題にした150以上ものレリーフが彫られている。合間には以下写真のように、人間の頭部と動物の胴体がくっついた奇妙な生き物等、見ていて微笑ましいものが多い。

DSC01798-2.jpg
~北扉口レリーフ(1)~

DSC01802-2.jpg
~北扉口レリーフ(2)~

次は西正面。有名なフランボワイアンの装飾は以前ご紹介したが、扉口のタンパン彫刻も見事だ。

DSC01871-2.jpg
~西正面中央扉口上部の切妻彫刻~

DSC01846-2.jpg
~非常に繊細なフランボワイアンの装飾~

まず中央扉口はエッサイの家系樹。西正面タンパンに選ばれるのには珍しい主題だ。

DSC01868-2.jpg
~エッサイの家系樹の彫刻~

そして聖ヨハネに捧げられた北扉口には、洗礼者ヨハネの斬首の場面が描かれる。左から右へ、ヘロデの饗宴、サロメの踊り、ヨハネの斬首、と場面が展開する。これも西正面に選ばれる主題として珍しいものだ。また、上部の透かし彫りも大変見事だ。

DSC01862-2.jpg
~Portail Saint-Jean、聖ヨハネの門~

南扉口には磔刑と復活の場面。

DSC01876-2.jpg
~南扉口のタンパン彫刻~

堂内はノルマンディー・ゴシックのため天井高は低い(28m)が、身廊側面のスクリーン処理が非常にユニークだ。身廊と側廊を結ぶアーケードの上部にさらに尖頭アーケードが乗っかり、その上にトリフォリウム、高窓層と、4層構成になっている。

DSC01835-2.jpg
~四層構成の身廊スクリーン~

DSC01832-2.jpg
~他ではあまり見られない珍しい構成~

また、側廊側から見ると、アーケード上部に幾本もの小円柱が付加され、立体的なアクセントとなっている。

DSC01804-2.jpg
~小円柱群(1)~

DSC01830-2.jpg
~小円柱群(2)~

円柱上部に人物の顔が彫刻として配置されているのも、ノルマンディー・ゴシック=英国のゴシックに通じるものがある。

DSC01813-2.jpg
~愉快な円柱上部の彫刻~

翼廊のアーケードはかなり高く、垂直性が重視されている。

DSC01824-2.jpg
~交差部の円柱が天井迄遮られることなく伸びる~

内陣もアーケードが外陣に比べ一層高くなっている。

DSC01811-2.jpg
~内陣のアーケード~

中央交差部には採光塔が配置されている。

DSC01817-2.jpg
~中央交差部~

ルーアン大聖堂は第二次世界大戦で甚大な被害を被ったため、数多くの素晴らしい中世のステンドグラスが破壊されてしまったが、少しながら残っている。中でも有名なのが、聖ジュリアンの物語のステンドグラス。フローベールはこの美しい焼絵硝子に着想を得て、「三つの物語」の中の聖ジュリアン伝を執筆した。下部左には、ステンドグラスを寄贈した魚屋が描かれている。

DSC01805-2.jpg
~聖ジュリアンの物語のステンドグラス~

DSC01809-2.jpg
~イエスの受難のステンドグラス~

DSC01822-2.jpg
~南翼廊にある聖ロマンのステンドグラス、こちらは16世紀の作~

DSC01838-2.jpg
~身廊から内陣を眺める

DSC01814-2.jpg
~側廊~

久しぶりにルーアン大聖堂をゆっくり見学したが、やはり素晴らしい大聖堂だった。丁度20年前、会社からフランス語研修でルーアンに派遣され、毎日のように大聖堂を眺めていたことを思い出し、もう20年もの歳月が経ったのか、としばし感慨に耽っていた。

さて、夜のスペクタクルショーだが、3年前と印象派を主題にしたものは変わらず、「「Viking(ヴァイキング)」と題された部が今回新たに加えられた。

まず、極彩色に彩られた西正面が浮かび上がり、

DSC01982-2.jpg

DSC01985-2.jpg

幕が開くように画面が開くと、

DSC01986-2.jpg

暗転した西正面に蝋燭が灯される。

DSC01987-2.jpg

続いてヴァイキングの船が現れる。

DSC01988-2.jpg

DSC01989-2.jpg

DSC01912-2.jpg

DSC01994-2.jpg

炎がめらめらと立ち上がり、

DSC01995-2.jpg

西正面が防壁で囲まれる。

DSC01997-2.jpg

そこをヴァイキング達がよじ登り、

DSC01999-2.jpg

金銀宝石が降り注ぐ。

DSC02002-2.jpg

木の扉で閉ざされると、

DSC02003-2.jpg

DSC02006-2.jpg

DSC02007-2.jpg

堂内が映し出される。

DSC02008-2.jpg

南北の塔にステンドグラスが描かれ、

DSC02009-2.jpg

中世の彩色された西正面が浮かび上がり、ショーは終了となる。

DSC02012-2.jpg

DSC02013-2.jpg

DSC01940-2.jpg

DSC01894-2.jpg
~通常のライトアップ~

なかなか見応えのあるショーだった。今回は本当に久しぶりに堂内もゆっくり見学し、改めてルーアン大聖堂の素晴らしさを味わうことが出来て良かった。パリから僅か1時間半の距離、もっと頻繁に訪れたいと思う。



オルレアン大聖堂(夜のスペクタクルショー)

オルレアンはパリから南に130km程、百年戦争の際、ジャンヌダルクが劣勢だったフランス軍を率いて英国軍から解放した町として有名だ。ここにもゴシック様式の大聖堂があるが、正式名称は、Sainte Croix、聖十字架大聖堂と言い、聖人に捧げられた大聖堂ではない。聖十字架とは、イエスが磔にされた十字架のことであるが、4世紀にコンスタンティヌス一世が、エルサレムで発見された聖十字架の木片を持ち帰り、これを聖遺物として捧げ初代の大聖堂(当時は司教座聖堂=大聖堂ではなく、たんなる教会堂であったが)を建立したことに由来している。

DSC01736-2.jpg
~ジャンヌダルクが中心に映し出されたライトアップ~

全長140m、天井高32m、西正面の双塔高88mと、なかなか大規模な大聖堂だが、実は現在の大聖堂は二代目のゴシック大聖堂で、初代のものは13世紀後半に着工されたのだが、カトリック対プロテスタントのユグノー戦争の際、ユグノー(プロテスタント)の過激派により1568年に破壊されたしまった。フライングバットレスが素晴らしい大聖堂だった、とあるが、全く嘆かわしい愚かな話だ。ということで、二代目に当たる現在のゴシック大聖堂は1601年に着工されたもの。ゴシック様式ではあるものの、ゴシック期に建てられたものではないので、あまり関心が無く、今迄訪れたことがなかった。

ただ、今回夏の夜のライトアップショーをどこでやっているか調べていると、ここオルレアン大聖堂でも中々素晴らしいショーが開催されているというので、見に行ってきた。約20分に及ぶショーはジャンヌダルクを主題にしたもの。若干派手過ぎるとも思ったが、結構見応えがあって面白かった。以下に写真をご紹介しておく。

DSC01742-2.jpg

DSC01585-2.jpg

DSC01596-2.jpg

DSC01600-2.jpg

DSC01605-2.jpg

DSC01622-2.jpg

DSC01633-2.jpg

DSC01646-2.jpg

DSC01650-2.jpg

DSC01653-2.jpg

DSC01655-2.jpg

DSC01671-2.jpg

DSC01674-2.jpg

DSC01694-2.jpg

DSC01724-2.jpg

DSC01728-2.jpg

こういった、夏の間見られるスペクタクルショーは全てプロジェクションマッピング。音響効果も付いてかなり大掛かり。これを無料で見ることが出来るのだから有難いし、どこの町もこうして観光客を呼び込むに熱心なのだから、フランスがいつまでも変わらず世界一位の観光大国であることも自然と納得させられる(この夏に行ったイングランドのゴシック大聖堂の夜のライトアップの貧相さと非常に対照的、やはりプロテスタントは遊び心が無いのか...)。


ストラスブール大聖堂(夜のスペクタクルショー)

夏のライトアップショーの第二弾はストラスブール大聖堂。こちらは数年前に鑑賞し、ブログでもご紹介したことがあるが、サイトで見てみたら、全く新しいショーを開催していたのでちょっと遠いが行ってきた。こちらは前回ご紹介したラン大聖堂はと違う、なかなか見応えがあった。

他の大聖堂のショーと異なるところは、西正面ではなく、側面が舞台となっていること。横に長いので映画のスクリーンのように映像の移り変わりが楽しめます。

DSC01490-2.jpg
~最初は油絵のようなライトアップで~

DSC01436-2.jpg
~青く浮かび上がり~

DSC01439-2.jpg
~玉虫色の鮮やかな色彩が~

DSC01441-2.jpg
~徐々に黄緑、紫へと変化し~

DSC01499-2.jpg
~再び深い青に~

DSC01504-2.jpg
~沢山の鐘が鳴り始め~

DSC01452-2.jpg
~薔薇窓が現れる~

DSC01516-2.jpg
~海底に沈み~

DSC01519-2.jpg
~木々が茂り始め~

DSC01521-2.jpg
~樹木で埋め尽くされると~

DSC01524-2.jpg
~紅く燃え立ち~

DSC01528-2.jpg
~冬の凍った白へと変わる~

DSC01534-2.jpg
~聖人が映し出され~

DSC01542-2.jpg
~フライングバットレスが浮かび上がり~

DSC01469-2.jpg
~緑色で縁取られると~

DSC01544-2.jpg
~下部から青、紫が浮かび上がり~

DSC01545-2.jpg
~今度は赤へと~

DSC01554-2.jpg
~クライマックス~

DSC01559-2.jpg
~西正面は紫色に浮かび上がっていました~

DSC01561-2.jpg
~拡大部分~

他にも素晴らしいスペクタクルショーを開催している大聖堂がまだあるので、終わるまでに出来るだけ行ってみようと思う。

ラン大聖堂のスペクタクルショー

今迄にも、大聖堂の西正面を舞台にした、光と音のスペクタクルショーを何度かご紹介しているが、最近、主要な大聖堂は争うようにどこでもスペクタクルショーを行うようになってきた。観光客誘致のためなのだろうと思うが、こういったショーを無料で見ることが出来るのだから、私達にとっては嬉しい限りだ。ということで、先週末、既にご紹介したラン大聖堂のショーを見に行ってきた。

以下写真を見て頂ければと思うが、今迄見てきたルーアンやランスのショーとは異なり、流行りの音楽にポップな映像が早いテンポで映し出されるもので、個人的には、ゴシック大聖堂を舞台にするショーにしては、趣きが無いように思われた。

DSC01357-2.jpg

DSC01360-2.jpg

DSC01365-2.jpg

DSC01375-2.jpg

DSC01395-2.jpg

DSC01414-2.jpg
プロフィール

クータンス

Author:クータンス
学生時代からフランスとゴシックの大聖堂に魅せられ、紆余曲折の人生を歩んだ結果、フランス永住の道を選択しました。
ここでは、フランスを中心としたゴシックの大聖堂を紹介したいと思いますが、フランスでは夜になると大聖堂は勿論のこと、殆どの歴史建造物がライトアップされます。また、単なるライトアップのみではなく、いくつかの大聖堂では、素晴らしい光のスペクタクルを見せてくれるところもあります。こういった大聖堂の写真も一緒に載せていきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。