スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カルドナのパラドール

サグラダファミリア聖堂を十分満喫した後は、最後の宿泊地、カルドナに向かった。バルセロナから北西に90km程内陸に入ったところにある人口5千人程の小さなこの町は、昔は岩塩の採掘で栄えた町だ。標高約500mと、かなり高い所にあるが、一層高台に町全体を見下ろすかのように聳えるのがカルドナ城、その無骨な外観は、中世の要塞型のお城であることが容易に分かる。

P1000434.jpg
~カルドナのパラドール~

今回のお目当てはこのお城。と言っても見学が目的ではなく、宿泊が目当て、ここもパラドールとなっているのだ。このカルドナのパラドールは、2002年に初めて妻とパラドール体験をしたところ。あまりの優雅さと素晴らしさにすっかりパラドールの虜になり、以降、幾度となく、スペインのパラドールを泊まり歩くことになったのは、今まで何度もご紹介している通り。今般改めて最初に泊まったパラドールに再度泊まってみようということになったわけだ。

P1000422.jpg
~塩の「山」~

P1000427.jpg
~結晶が分かるだろうか~

その前に少しカルドナの町についてご紹介したい。この町が塩鉱として栄えたことは先にお話した通りだが、その歴史は何とローマ時代にまで遡り、以降、ヨーロッパ有数の塩鉱として採掘され、1990年迄現役で稼動していた。その後はコスト問題から商業採掘は幕を閉じ、今は観光施設として人々に公開されている。近づくと山全体が塩で出来ているのが分かる。岩肌ならぬ塩肌は、岩塩の結晶が剥き出しとなっていて、薄紅がかった幾重にも重なる透き通った層の堆積を見せてくれる。これが斜めになったり、場所によっては垂直になっていたりと、太古の地殻変動の激しさを目の当たりにすることができる。

P1000407.jpg
~塩鉱の中(1)~

P1000404.jpg
~塩鉱の中(2)~

安全のためヘルメット装備で坑道に入っていく。ガイドのおばさんが、壁を指で擦ってなめてご覧、と言うのでやってみると、塩の塊なので当たり前なのだが、ものすごくしょっぱい。上下左右、一面の岩が全て塩、なんて言うのはこういったところでないとお目に掛かれず、子供達には貴重な経験になったと思う。

P1000560.jpg
~パラドールを後ろから見る~

P1000460.jpg
~中庭の回廊(1)~

P1000558.jpg
~中庭の回廊(2)~

P1000461.jpg
~ロマネスクの礼拝堂~

P1000471.jpg
~堂内に西日が差し込む~

塩山観光を終え、パラドールに向かう。壁が剥き出しの、男性的なお城だ。中世の典型的な城塞で、歴史は非常に古く、9世紀終わりから11世紀に掛けて建設された。外観や物見櫓、ロマネスクの礼拝堂等は当時そのままの姿で残っている。

P1000476.jpg
~レセプション~

P1000482.jpg
~部屋の天蓋付きベッド~

P1000504.jpg
~サロン(1)~

P1000495.jpg
~サロン(2)~

趣のあるサロン等内部を一通り見学した後、いつも通り、レストランではなく、バルに夕食を食べに行く。ここカルドナのパラドールのバルも素晴らしかった。

P1000510.jpg
~バルの焼きイカ~

P1000514.jpg
~巨大なトルティーヤのサンドイッチ~

P1000525.jpg
~夕暮れ時のバルのテラス~

子供がいても気軽にワインと美味しいタパスが楽しめ、全部入れて50ユーロ程度。十分満喫した後は、ほろ酔い気分で、ライトアップされたお城を眺めながら部屋に戻った。何の飾り気も無いが、中世の歴史がそのまま残っているカルドナのパラドール、旅の最後を締め括るに相応しい一夜となった。
(ようやく去年の夏休み旅行の更新が終わった...)

スポンサーサイト
プロフィール

クータンス

Author:クータンス
学生時代からフランスとゴシックの大聖堂に魅せられ、紆余曲折の人生を歩んだ結果、フランス永住の道を選択しました。
ここでは、フランスを中心としたゴシックの大聖堂を紹介したいと思いますが、フランスでは夜になると大聖堂は勿論のこと、殆どの歴史建造物がライトアップされます。また、単なるライトアップのみではなく、いくつかの大聖堂では、素晴らしい光のスペクタクルを見せてくれるところもあります。こういった大聖堂の写真も一緒に載せていきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。