スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルデッシュ渓谷の鍾乳洞

前回お話した通り、今回は大聖堂(教会堂)訪問だけじゃなく、色んな事を楽しんできた。いくつかご紹介させて頂こうと思うが、まずは鍾乳洞見学から。

DSC-06148.jpg
~サン・マルセル鍾乳洞のリムストーンとリムプール~

日本では殆ど知られていないと思うが、フランスには物凄く沢山の鍾乳洞があり、多くは南仏に集中している。今回訪れたのは、アルデッシュ渓谷に点在する鍾乳洞。アルデッシュ渓谷は、石灰岩地層が30km以上に亘り削られてできた渓谷で、有名な観光名所となっている。

DSC-06122.jpg
~アルデッシュ渓谷(1)~

DSC-06128.jpg
~アルデッシュ渓谷(2)

ご存じの方も多いかとは思うが、石灰岩地層は昔海であったところで、サンゴや貝などが堆積してできた地層だ。石灰岩には方解石(小学校の理科の実験でやった、複屈折をする鉱物)を50%含む。方解石の組成は炭酸カルシウムで、雨水に溶ける。雨水に溶け地層は地下に空洞を作る。空洞が出来ると、その後滲みだしてくる雨水の中の炭酸カルシウムが再結晶化する。これが鍾乳石で、天井や壁、地盤にこれらの再結晶生成物が見られる洞窟を鍾乳洞と言う。なお、厳密に言うと、鍾乳石は天井から垂れ下がったもの、天井からの水滴により地面から上に伸びるものが石筍、鍾乳石と石筍が繋がったものを石柱と呼ぶ。

DSC-06108.jpg
~オルニャック鍾乳洞の滝のような鍾乳石群~

実は、私は小さい頃、鍾乳洞が大好きで、中高校生の頃、日本の殆ど有名な鍾乳洞を訪ねて回った。あの地下に繰り広げられる神秘的で美しく雄大な世界にすっかり魅せられ、その頃は鍾乳洞見学が一番の趣味だった。大人になっても子供の頃のワクワクする思いは消えず、今でも鍾乳洞に行くのはかなり楽しみだ。

さて、今回行ったのは、アルデッシュ渓谷の中で最も大きいオルニャック鍾乳洞(Aven d'Orgnac)とサン・マルセル鍾乳洞(Grotte de Saint Marcel)。

DSC-06029.jpg
~オルニャック鍾乳洞内部(1)~

DSC-06035.jpg
~オルニャック鍾乳洞内部(2)~

DSC-06038.jpg
~オルニャック鍾乳洞内部(3)~

DSC-06046.jpg
~オルニャック鍾乳洞内部(4)、お皿を積み重ねたような鍾乳石が特徴~

DSC-06050.jpg
~オルニャック鍾乳洞内部(5)、大きな松ぼっくりを冠したような石筍~

DSC-06052.jpg
~オルニャック鍾乳洞内部(6)、壁一面の鍾乳石~

DSC-06069.jpg
~オルニャック鍾乳洞内部(7)~

DSC-06084.jpg
~オルニャック鍾乳洞内部(8)~

DSC-06088.jpg
~オルニャック鍾乳洞内部(9)~

DSC-06101.jpg
~オルニャック鍾乳洞内部(10)~

DSC-06116.jpg
~オルニャック鍾乳洞内部(11)、最奥部のホール、かなり大きな鍾乳石~

オルニャク鍾乳洞には、日本の鍾乳洞ではまず見られない非常に大きな鍾乳石が沢山存在する。中でも変わっているのは、お皿を何枚を積み重ねたような石筍が多数見られること。これは、天井から地面までの距離が長く、水滴が落ちた瞬間に大きく横に弾けるため、横に広がって方解石が再結晶化していくからだそうだ。

DSC-06139.jpg
~サン・マルセル鍾乳洞、入口付近の大きな鍾乳石~

次はサン・マルセル鍾乳洞。

DSC-06134.jpg
~地下水流に削られた跡がはっきりと残っている~

こちらも総全長57km(ちなみに日本最長は岩手県にある安家洞で23km)と大きく、壁面には地下水により削られた跡がかなりはっきり残っており、鍾乳洞生成当初の地下水流の激しさを物語っている。

DSC-06145.jpg
~鮮やかな鍾乳管~

DSC-06172.jpg
~大ホールの鍾乳石群~

DSC-06179.jpg
~壁一面の鍾乳石~

DSC-06185.jpg
~最奥部

DSC-06154.jpg
~リムストーン(プール)のライトアップ(1)~

DSC-06197.jpg
~ライトアップ(2)~

DSC-06203.jpg
~ライトアップ(3)~

DSC-06204.jpg
~ライトアップ(4)~

DSC-06209.jpg
~ライトアップ(5)~

DSC-06210.jpg
~ライトアップ(6)~

DSC-06213.jpg
~ライトアップ(7)~

ここの最大の見所はリムストーンと呼ばれる棚田のような変わった鍾乳石。これは洞床の傾面に沿って水が少しずつ流れて棚田のような水たまりが形成されたもの池の(ようになったものをリムプールという)で、日本では秋吉洞の「百枚皿」が有名。真っ暗闇の中、緑や青、黄と色彩を変えてのライトアップはとても幻想的で美しかった。


スポンサーサイト
プロフィール

クータンス

Author:クータンス
学生時代からフランスとゴシックの大聖堂に魅せられ、紆余曲折の人生を歩んだ結果、フランス永住の道を選択しました。
ここでは、フランスを中心としたゴシックの大聖堂を紹介したいと思いますが、フランスでは夜になると大聖堂は勿論のこと、殆どの歴史建造物がライトアップされます。また、単なるライトアップのみではなく、いくつかの大聖堂では、素晴らしい光のスペクタクルを見せてくれるところもあります。こういった大聖堂の写真も一緒に載せていきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。