スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガレット・デ・ロワ

フランスでは毎年、公現節(1月6日、東方の三博士が誕生したばかりのイエスを訪ね、礼拝したとさせる日)の日にはガレット・デ・ロワ(王様達のガレット、ここで言う王様達とは東方の三博士のこと)を食べることになっている。ガレットはサクッとしたパイで、中がアーモンド味になっている(その他、梨味なんかもある)。中にはフェーヴ(そら豆)と呼ばれる小さな陶器の飾りが入っており、これを家族で等分して食べ、フェーヴの当たった人がその一年良い事がある、というわけだ。

P1030704.jpg
~ラデュレのガレット、これが一番~

尤もこのガレット、6日のみに食べるわけではなく、元旦から売り出すので、年始めの食べ物として定着している。うちもこれは毎年の行事として、必ず食べることにしている。子供は中のフェーヴを当てるのが楽しみなのだが、私はただ単純にこのガレットが結構美味しくて気に入っているためだ。

P1030708.jpg
~Patisserie des Rêvesのガレット、ちょっと期待外れだった~

このガレット、当然のことではあるが、お店によってかなり味が違うので、毎年いくつか違うお店で買って食べ比べている。まず絶対欠かせないのマカロンで有名なラデュレ。ここのはパイ生地が本当にサクっとしていて、中のアーモンドペーストもベタっとしておらず甘味も抑えていて本当に美味しい。今迄結構色んなお店のガレットを食べたが、ここが一番だ。

DSC07769.jpg
~中のフェーヴ、左から、Patisserie des Rêves、ラデュレ、ポール~

今年初めて試してみたのが、何回がご紹介しているPatisserie des Rêves。デザートがあれだけ美味しいのだから、きっとガレットも美味しいのだろう、とかなり期待していたのだが、拍子抜けする位普通の味だった。やはりラデュレの地位は不動だ。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

クータンス

Author:クータンス
学生時代からフランスとゴシックの大聖堂に魅せられ、紆余曲折の人生を歩んだ結果、フランス永住の道を選択しました。
ここでは、フランスを中心としたゴシックの大聖堂を紹介したいと思いますが、フランスでは夜になると大聖堂は勿論のこと、殆どの歴史建造物がライトアップされます。また、単なるライトアップのみではなく、いくつかの大聖堂では、素晴らしい光のスペクタクルを見せてくれるところもあります。こういった大聖堂の写真も一緒に載せていきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。