スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピサ大聖堂

ミラノ、パヴィアとゴシックの後はイタリア・ロマネスクの傑作であるピサ大聖堂を訪れた。

DSC06955.jpg
~ピサ大聖堂と鐘楼(斜塔)~

ミラノから車で約3時間、中部イタリアの風光明媚なトスカーナ州にある。ピサというと斜塔であまりにも有名で、それ以外には殆ど何も知られていないと思うが、中世の頃にはヴェネツィア共和国と並ぶイタリア有数の海洋国家として栄えた町で、今でもピサ県の県庁所在地となっている。海洋国家なので当然町は海沿いにある。もうすぐそこは地中海、斜塔が傾いたのも、町を流れるアルノ川が河口付近に運んできた砂の地盤の上に堅固な基盤を築かず(高さ55mの塔に地下の基礎がたった3mだそうだ)建設を開始したことが要因らしい。

DSC06991.jpg
~斜塔の最上階から見たトスカーナの景色、結構高い山々が連なっている~

また、トスカーナと言えばなだらかな起伏に芝の緑や花畑の黄色など、鮮やかな色彩の化粧を纏った大変美しい風景で有名なのだが、ピサに向かう途中の道路からも何度もそのような景色にお目に掛かることができた。それから、イタリアの内陸部にはかなり高い山々が連なっている。どこを走っても地平線が見える平坦な大地が広がるフランスとは大きく異なり、むしろ日本の風景に似ているような感じがした。

DSC06952.jpg
~整然とした美を見せる西正面~

ということで、ピサの町に着くとすぐ、大聖堂に直行した。上でも少し話したが、ピサの斜塔の知名度に隠れてしまっているが、斜塔は単独で存在しているわけではなく、ロマネスク様式のピサ大聖堂の一部を構成する鐘楼なのだ。フランスその他の国の大聖堂は西正面に尖塔を頂いているが、イタリアでは、本堂と離れたところに独立して鐘楼を建てるのが伝統になっている。また、洗礼堂も別に建てるのが通例。よってイタリアで大聖堂と言うと、本堂・鐘楼・洗礼堂の3セットのことになる(勿論、これからご紹介するシエナ大聖堂のように、尖塔が本堂にくっついているもの、尖塔自体が存在しないオルヴィエート大聖堂のようなものも存在する)。

DSC07045.jpg
~洗礼堂階の窓から見た大聖堂西正面~

DSC07049.jpg
~西正面上部の浮彫列柱越しに斜塔を見る、均整の取れた美~

大聖堂の建設は、1063年に本堂が着工、急ピッチで建設が進められ1118年に完成 その後洗礼堂が1152年、鐘楼が1173年に着工される。本堂の全長はなんと96m、フランスに現存する最大のロマネスク建築であるトゥールーズの聖セルナン聖堂は、着工が1080年で全長115m、スペインの巡礼路の聖地であるサンチャゴ・デ・コンポステーラの大聖堂は同じくロマネスク様式で建てられているが、1075年着工で全長97mであるから、ピサ大聖堂がどれ程壮大かということが良く分かる。フランス、スペインのロマネスクの2大聖堂よりも先立つ時期に、同じスケールを持つピサ大聖堂の建設を可能ならしめた、ピサ共和国の強大さ、権勢を容易に想像することができる。

DSC06973.jpg
~ロマネスクにしては極めて巨大な大聖堂~

着工された時期はピサ共和国が最も盛隆を極めた時で、コルシカ、サルディニア、シチリア各島を傘下に収め、北アフリカのチュニジアにまでその勢力を伸ばしており、各地から収奪した財宝や資金によりこの壮大な大聖堂は建設されていった。洗礼堂、本堂、鐘楼に本堂の北側に位置するカンポ・サント(聖墓所)を加えたこれら4つの建築物のある広場は「奇跡の広場」と呼ばれ、ユネスコの世界遺産に登録されているが、建築物は、まさに一寸たりとも動かしようがない数式の配列のような完璧な配置で存在しており、これらが一目の下に居並ぶ様は、表現する言葉も見当たらない程美しい。まさに、「奇跡」と呼ぶに相応しい広場だ。広場のどこにいても、どの建築物のそばにいても、爽やかな風が横を吹き抜けるような感覚になる。清清しい、明るい、「陽」の広場。

DSC06963.jpg~奇跡の広場の構図~

DSC07041.jpg
~西正面を見上げる、立ち並ぶ円柱が美しい~

建築物を一つずつ見て行こう。まずは本堂。先程規模について説明した通り、これが本当にロマネスかと思う程巨大だ。そして、フランスやスペインのロマネスク建築に見られるような素朴さではなく、磨かれたように洗練された均衡と調和が外観を満たしている。西正面上部には規則正しく配列された細い円柱群が4層に上に積み上げられ、側面には縦横の線が色大理石によって、こちらも規則正しく配置されている。陽の光を浴びると、弾けるように眩しい白が浮き立ち、青空と美しいコントラストを作る。これは神への畏敬の念により建てられた建築物ではなく、人間への賛歌だ。建築様式としては、円形アーチの採用や狭い窓など、ロマネスクの特徴を備えているが、フランスやスペインのロマネスクとは根本的に異なるものだ。そこには神や地獄に対する崇拝・畏怖の念などが微塵も感じず、むしろ、ポルトガル旅行記のところでご紹介した、リスボンのジェロニモス修道院と同じ印象を受ける。あちらも海洋国家の富により建設された建築物、人間の持つ「可能性」への信頼感・自信といったものが建築物として結晶したような印象を受ける。中世の時代、海洋国家により栄え、富がふんだんにあった地域と、血生臭い宗教間の対立で常に疲弊していた地域との差が、同じ建築様式を採用しても完成された姿にこうも異なって表れるものなのだろうか。

DSC07006.jpg
~堂内、外陣から内陣を眺める~

DSC07013.jpg
~窓が小さいにも拘らず非常に明るい~

DSC07033.jpg
~内陣の美しいモザイクとフレスコ画~

DSC07030.jpg
~色鮮やかなフレスコ画と柱の影との対比~

DSC07015.jpg
~繊細な彫刻の説教壇~

DSC07035.jpg
~東洋風にも見える天井(なんだか東照宮のよう?)~

DSC07037.jpg
~アーケードの柱が規則正しく並ぶ~

堂内もまた、フランスのロマネスク建築とは異なり、天井が石造りの円形アーチではなく、平面の木造天井となっている。海洋交易を通じ、当然イスラム文化とも接触していたのであろう、文様が東洋風にも見える。内部はフレスコ画や彫刻装飾で満たされており、素朴なロマネスクではなく、豪華な印象を与える。ゴシック様式の繊細な説教壇が見事だ。

DSC06967.jpg
~洗礼堂越しに大聖堂を見る~

洗礼堂も見事。この素晴らしい円形の建物はここから何一つ削ぎ落とすことが出来ない程洗練されている。壁面の大理石の白とオレンジ色の屋根の対比が青空を背景に一層際立つ。

DSC07057.jpg
~カンポ・サントの回廊~

DSC07063.jpg
~カンポ・サント、中庭~

DSC07064.jpg
~回廊から大聖堂中央円蓋を見る~

そして、カンポ・サント。美しい回廊が中庭の周りを囲む。空の青さに洗われたような白・薄紅・グレーの大理石がこの内側に開いた時間を止める。静謐の一時。

DSC06975.jpg
~あまりにも有名な鐘楼、「斜塔」。この傾き!~

DSC07073.jpg
~夕陽を浴びる斜塔~

DSC06998.jpg~斜塔の最上階から奇跡の広場を見下ろす、この隙間の無い構成美~

DSC07003.jpg~大聖堂後陣の破格の美しさ~

しかしながら、何と言っても素晴らしいのは鐘楼、「斜塔」だろう。6層の回廊の上に一回り小さい最上階が載る。高さ55m、現在の傾斜角は5.5度となっている。「傾き」は建設直後から始まったが、中断はされず、そのまま少しずつ逆に傾斜させて層が築かれ、遠くから見ると傾斜の緩い三日月のような形をしている。1990年から傾きにより倒壊を防ぐ大規模な改修工事が行われ、略10年後の2001年から一般観光客への観光が再開された。私が最初に斜塔を訪れたのは1989年、丁度改修工事の前年、今では、きちんと柵のある最上階とそのすぐ下の階しか外に出ることが出来ないが、昔は途中の階でも外に出ることができた。昔の写真を見ると何の鉄柵もなく、回廊の柱におっかなびっくり凭れ掛かっているのだ。大丈夫だったのだろうか。落ちたりした人はいなかったのだろうか。今になって、よく恐がらず回廊に出られたなあと思う。実際に塔を見ると物凄く傾いている。最上階に上って下を見る時と自分が傾いていることが良く分かり、かなり恐い。ただ、ここから見る大聖堂と洗礼堂、そしてトスカーナの景色は例えようもなく素晴らしい。「爽快」、ピサの大聖堂を見て湧き上がる気持ちはこの一言に尽きる。見ていて感動する大聖堂は沢山あるが、爽快な気分になる大聖堂はめったに無いと思う。

DSC07052.jpg
~夕陽を浴びる西正面~

DSC07067.jpg
~夕陽を背景に洗礼堂を見る~

DSC07072.jpg
~まさに「奇跡」の広場!~

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

クータンス

Author:クータンス
学生時代からフランスとゴシックの大聖堂に魅せられ、紆余曲折の人生を歩んだ結果、フランス永住の道を選択しました。
ここでは、フランスを中心としたゴシックの大聖堂を紹介したいと思いますが、フランスでは夜になると大聖堂は勿論のこと、殆どの歴史建造物がライトアップされます。また、単なるライトアップのみではなく、いくつかの大聖堂では、素晴らしい光のスペクタクルを見せてくれるところもあります。こういった大聖堂の写真も一緒に載せていきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。