スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィレンツェ大聖堂

イタリア大聖堂巡りの最後はフィレンツェ。ルネサンスの中心都市としてあまりにも有名なこの町のことを説明する必要は無いと思うので、早速大聖堂の紹介をすることにしたい。

DSC07639.jpg
~ミケランジェロ広場よりフィレンツェの町を眺める、中央左にあるのが大聖堂~

正式な名称をサンタ・マリア・デル・フィオーレ、「花の聖母」大聖堂と呼ぶフィレンツェ大聖堂は、1296年に着工された。フランスではゴシックは爛熟期に入り、規模を競うよりもフランボワイアンのような細部の様式美に傾倒していった時期に当たる。着工から140年以上の歳月をかけ建設され、15世紀半ばには大部分が完成したが、西正面のみ下部が完成したまま放置され、最終的に現在ある西正面が完成するのは19世紀になってからであった。

DSC07630.jpg
~大聖堂西正面とジョットの鐘楼~

DSC07631.jpg
~西正面の装飾が見事~

DSC07587.jpg
~手前が洗礼堂~

DSC07624.jpg
~本堂側面とジョットの鐘楼~


フィレンツェ大聖堂は、本堂、鐘楼、洗礼堂から成る、典型的なイタリア式大聖堂になっている。全長153m、最大幅93m、天井高43mと非常に巨大な大聖堂で、イタリアではミラノ大聖堂に次ぎ2番目、世界でも4番目の大きさを誇る。このフィレンツェ大聖堂もゴシック様式に分類されている。が、写真を見てもらえば分かるが、これを見て、ゴシックの大聖堂だ、と思う人がいるだろうか。巨大ではあるが、天に伸びるような上昇感は全く無く、むしろ、地中深く根を張ったような印象を受ける。側面も窓の殆ど無い分厚い壁で覆われている。極めつけは中央交差部にある円形ドーム。円は本来、垂直性、上昇性を止めてしまうもの。これが中央にとてつも無い大きさで鎮座している。これではゴシックと呼びようが無い。

DSC07568.jpg
~本堂を後部より見る、まるでかたつむりのようなずんぐりした姿~

DSC07574.jpg
~後陣部分~

唯一ゴシック様式の特徴を持っているのは、内部の交差ヴォールト天井。ただ、内部空間も、高さ43mと、アミアン大聖堂に匹敵する高さを持っているにも拘らず、窓が非常に小さく(規模から言ったら、ロマネスク建築よりも小さいのではないか)、横に広いため、垂直性、上昇感は全く無く、ただ空虚ながらんとした空間があるのみだ。また、ここでも西正面はあくまで壁面を装飾するためだけに存在しており、それが建築物自体、あるいは内部構造と結び付くことは無い。ゴシック建築研究の第一人者である前川道郎氏がその著「ゴシックということ」で語っているが、イタリアのゴシック建築は、構造と造形を区別し、構造体を装飾的に分節する手法を取っている。まさしく、シエナやオルヴィエートの大聖堂のところでも述べた通り、表面(壁面)を装飾で着飾っているだけで、造形が構造と一体不可分にはなっていないのである。

DSC07466.jpg
~内部空間、これが天井高40m以上もあるように見えるだろうか~

DSC07469.jpg
~交差部~

DSC07472.jpg
~ステンドグラス、大聖堂の規模に比し、窓が非常に小さい~

DSC07475.jpg
~側廊のステンドグラス~

ただ、ゴシック建築とはとても言えないが、美しい大聖堂ではある。外部壁面は鮮やかな色大理石で飾り立てられており、特に緑と紅色のコントラストが見事。

DSC07509.jpg
~西正面~

DSC07460.jpg
~西正面を見上げる~

特に夕陽を浴びたドームは、燃え立つような色彩で、暮れ落ちる西日と鮮やかさを競う。これが西正面のみならず、側面、後方全てを覆っている。

DSC07493.jpg
~夕陽を浴びる円形ドーム~

DSC07499.jpg
~オレンジ色が街並みに映える~

DSC07504.jpg
~ジョットの鐘楼、均整の取れた美、むしろルネサンスの様式美だろう~

特に素晴らしいのはアッシジ聖堂のところでご紹介したフレスコ画家ジョットの設計による鐘楼。線と色で規則正しく積み上げられた構成は、上昇感こそ無いものの、均整が取れ、大変美しい。巨大な円形ドームも、オレンジ色の屋根がフィレンツェの街並みと青空に映える。やはり、数多くあるフィレンツェの建築物群の中で、大聖堂が最大の傑作であることには変わりない。

DSC07532.jpg
~ライトアップ(1)~

DSC07560.jpg
~ライトアップ(2)~

DSC07547.jpg
~ライトアップ(3)~

DSC07555.jpg
~ライトアップ(4)~

と言うことで、イタリアで建築史上、美術史上有名なゴシックの大聖堂を今回の旅で見てきたが、それぞれ、一つの建築物として美しいことには異論の余地が無いが、イタリアには真のゴシック建築は存在しない、と言うことができるのではないかと思う。私の考えるゴシック建築とは、巨大でありながら繊細であり、窓、柱、天井、尖塔、大聖堂を構成する全ての部材が垂直感、上昇性を持って天を目指し(ここで一定の調和を重視するのか、ひたすら限り無く天を指向するのかはフランス的ゴシックとドイツ的ゴシックを分け隔てるところではあるが)ていく開放感のあるもので、かつ、建築構造がそのまま建築物の美を構成する、構造と外観の一体化を伴うものなのだが、イタリアゴシックはそのどれにも当てはまるものは無い。同じ南部ヨーロッパであっても、スペインではフランスゴシックを踏襲しながら(あるいは忠実に再現しながら)、イスラムの文化を融合した独特のゴシックに発展させていたし、ポルトガルに至っては、フランスゴシックを昇華し、外観の美しさ、構造両方で、一面ではフランスゴシックをも凌ぐ素晴らしい建築様式に発展させていたが、イタリアには、そもそも、ゴシック様式を受け入れる土台自体が無かったように思われる。(「所謂ゴシック様式が栄えた」中北部イタリアは)スペインのような荒涼とした土地ではなく、起伏に富んだ豊かな大地であったので、神を恐れ、神を目指すような人間の尺度を越えたような建築物を目指すような土壌は育たなかったのかも知れない。見てきたイタリアのゴシック建築は、あくまで人間の偉大さ、素晴らしさを謳っているような建築物であった。そしてそれは、やはり、ゴシック建築とは呼べないものなのであろうと思う。

DSC07562.jpg
~ライトアップ(5)~

DSC07610.jpg
~ライトアップ(6)

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

クータンス

Author:クータンス
学生時代からフランスとゴシックの大聖堂に魅せられ、紆余曲折の人生を歩んだ結果、フランス永住の道を選択しました。
ここでは、フランスを中心としたゴシックの大聖堂を紹介したいと思いますが、フランスでは夜になると大聖堂は勿論のこと、殆どの歴史建造物がライトアップされます。また、単なるライトアップのみではなく、いくつかの大聖堂では、素晴らしい光のスペクタクルを見せてくれるところもあります。こういった大聖堂の写真も一緒に載せていきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。