スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブリュッセルのアール・ヌーボー建築

前回の更新から5ヶ月も経ってしまった。相変わらずストレス満載な職場環境に、色んな意味で気力が無くなっている。何よりも自分の弱い心が一番の原因だが、一度しか無い人生、楽しく生きていきたいなあ。

さて、次回の続き。アール・ヌーボーというと、フランス発祥の芸術様式のように思えるが、この言葉が生まれたのは1894年のベルギー、また、先立つこと一年、1893年に、後になってアール・ヌーボー様式における最初の建築作品が生まれたのもベルギーのブリュッセル。ベルギーはアール・ヌーボー創生期において非常に重要な役割を果たした。その後、この植物や昆虫等生き物をモチーフにした、従来の芸術様式に囚われない曲線を多様した建築様式は、スペインではモデルニスモ、ドイツではユーゲント・シュティール、ウィーンでは分離派等、名称を変え、世界各地に拡がっていくことになる。

DSC03295.jpg
~ヴィクトール・オルタ、タッセル邸~

DSC03296.jpg
~大きな窓を配した正面、鉄骨の曲線が見事~

フランスではロレーヌ地方の都市ナンシーで、エミール・ガレを中心として、調度品・家具、宝飾品の分野で華を開くことになるが、ベルギーでは主に住宅建築の分野で発展していった。その中心的役割を果たしたのが、ヴィクトール・オルタだ。

DSC03316.jpg
~同じくオルタのソルヴェー邸~

DSC03320.jpg
~ソルヴェー邸テラスの美しい曲線~

DSC03318.jpg
~ソルヴェー邸の上層部~

1861年、ゲントで生まれたオルタは、ブリュッセルで建築を学び、前回ご紹介したラーケン王宮温室を設計したアルフォンス・バラの助手として、アール・ヌーボーの素地となる建築技術を学ぶ。その後独立し、1893年に、最初のアール・ヌーボー建築と呼ばれるタッセル邸を手掛けることになる。鋳鉄を用いた有機的な曲線と従来の建築素材である石とが見事に融合したデザインは、当時の人々に衝撃を与え、一躍彼を時代の建築家へと引き上げることになった。

DSC03273.jpg
~ヴァン・エドヴェルド邸~

DSC03330.jpg
~オルタ邸~

DSC03332.jpg
~オルタ邸拡大部分~

その後も、オルタは、ブリュッセルに次々とアール・ヌーボー様式の邸宅建築を設計していくことになるが、中でも、先のタッセル邸と、ソルヴェー邸(1895年)、ヴァン・エドヴェルド邸(1897年)、オルタ邸(現オルタ美術館)の4つの建築物は、2000年にユネスコより、世界遺産に指定されている。

DSC03291.jpg
~ヴァン・エドヴェルド邸の真ん前に立つ、同じくオルタ作のデプレ・ヴァン・エドヴェルド邸の門~

DSC03353.jpg
~ポール・アンカーのアンカー邸~

DSC02763.jpg
~ストローヴァン作ヴァン・ダイク邸~

DSC03369.jpg
~ポール・コーシのコーシ邸~

その他にも、ブリュッセルには、数多くのアール・ヌーボー様式の建築物が存在する。ポール・アンカー、ポール・コーシ、ギュスターブ・ストローヴァン等の建築家が、数多くのアール・ヌーボー建築を残しているが、中でも素晴らしいのが、ストローヴァン作のサン・シル(Saint-Cyr's)邸だ。鉄による複雑怪奇な曲線が、入口の扉からバルコニー迄一面を飾り、バロック・フランボワイアンと呼ばれている。

DSC028175.jpg
~ストローヴァン作サン・シル邸~

DSC02791.jpg
~サン・シル邸を見上げる~

DSC02770.jpg
~この見事な曲線!~

ところで、なんと、この建物が売りに出されていた(写真で「売り物件」との看板が掛かっているのが見えるだろうか)。恐らくとてつもなく高いのだろうが、お金さえあれば、是非とも欲しいところだ。ただ、これがもしフランスだったら、国が買い上げて、博物館か何かにしているのではないだろうか。お金だけ持っていてこの建築の価値の分からない外国人なんかに買われてしまったら、どうするのだろう。余計な心配だが、文化に対する民度は、やはりフランスの方が格段に高いと思う(一方、公共意識はフランス人は世界でもビリッ穴だが。何故こういう矛盾が一つの国民の中に存在するのか、本当に理解に苦しむ)。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ずっと楽しみに待っていました、人生いろいろですが皆さんそれを乗り越えています。これからも楽しい正確なレポートを待っています。

Re: No title

コメント頂き、有難うございます。こんなマニアックなブログを楽しみにして頂いていたなんて、嬉しい限りです。そうですよね、色々苦労はあっても、後で思い返してみれば、皆楽しい思い出ですね。また頻繁に更新していきたいと思いますので、お暇な時にでもご覧頂ければ幸いです。
プロフィール

クータンス

Author:クータンス
学生時代からフランスとゴシックの大聖堂に魅せられ、紆余曲折の人生を歩んだ結果、フランス永住の道を選択しました。
ここでは、フランスを中心としたゴシックの大聖堂を紹介したいと思いますが、フランスでは夜になると大聖堂は勿論のこと、殆どの歴史建造物がライトアップされます。また、単なるライトアップのみではなく、いくつかの大聖堂では、素晴らしい光のスペクタクルを見せてくれるところもあります。こういった大聖堂の写真も一緒に載せていきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。