スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Volnay村の葡萄収穫(2013)

少し前になってしまったが、今年も例年通り、家族付き合いをしているブルゴーニュはヴォルネイ村のRossignolおじさんの葡萄畑収穫の手伝いに行ってきた。

P1020116.jpg
~色付いた葉と葡萄の房~

P1020133.jpg
~収穫量は~

P1020121.jpg
~例年並みにはなったとのこと~

P1020131.jpg
~また今年も子供が隠れて葡萄にむしゃぶりついていた~

今年は、6月迄本当に寒く、かつ大雨や雹が頻繁に降ったので、2001年に収穫に参加して以降、一番悪い年になるのでは、と思っていたのだが、7月から9月末迄、それ迄の分を取り戻すように暑さが続いたので、最終的に例年並みの年となったようだ。収穫量もそれなりとなり、良かったと思っていたら、2010年から厳しい年が続いているので大変だ、とのことだった。確かに、3年に一回位は質も量も当り年とならないと、生活の糧としている造り手にとっては厳しいのかもしれない。でも、彼のワインは当り年でなくても、30年位は平気で熟成します。

P1020149.jpg
~今年のハロウィーンのかぼちゃ~

ちなみに今年のハロウィーンのかぼちゃはこちら。今年は息子のデザインです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

クータンス

Author:クータンス
学生時代からフランスとゴシックの大聖堂に魅せられ、紆余曲折の人生を歩んだ結果、フランス永住の道を選択しました。
ここでは、フランスを中心としたゴシックの大聖堂を紹介したいと思いますが、フランスでは夜になると大聖堂は勿論のこと、殆どの歴史建造物がライトアップされます。また、単なるライトアップのみではなく、いくつかの大聖堂では、素晴らしい光のスペクタクルを見せてくれるところもあります。こういった大聖堂の写真も一緒に載せていきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。