スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南仏でのバカンス

今年の夏休みは南仏のプロヴァンスに行ってきた。

DSC-06500.jpg
~ポン・デュ・ガールの水道橋~

今回は移動して色々見て回る旅ではなく、ゆっくりと休息することを目的として、一軒家を借りることにした。一週間ずつ、前半後半で違う一軒家を借り、計2週間の休暇。その間、近隣のワインの造り手訪問や、村巡りなどを楽しんだ。

DSC-06811.jpg
~南仏の「赤い村」ルシヨン~

残念ながら、プロヴァンスには見どころのあるゴシックの大聖堂は無いのだが、ロマネスク教会の宝庫なので、これらもいくつか訪ねて回った。振り返ってみるとあっという間だったが、久し振りにフランスの田舎の良さを満喫できた休暇だった。

DSC062281.jpg
~最初の一週間に借りた一軒家~

色々とご紹介したいと思うが、まずは滞在した一軒家から。こちらでは、長期間の休暇取得が可能(2週間でも短い方)なので、ホテルと転々とするのは大変かつコストもかかることから、短期貸のアパートや一軒家を借りることが多い。ただ、お得な物件は一年前から予約が埋まってしまうので、相当前から計画を立てる必要がある。私も今年の始めには予約をしたのだが、それでも、探すのに結構苦労した。

最初の一週間はアヴィニョンの東にあるカルパントラという町の外れにある一軒家。子供達が退屈するだろうと思い、プール付の一軒家を借りたのだが、大当たりで非常に快適だった。

DSC062251.jpg
~プールもあり子供達も大満足だった~

P1030017.jpg
~サロン~

P1030019.jpg
~サロン(2)~

P1030073.jpg
~キッチン~

P1030068.jpg
~子供部屋~

P1030033.jpg
~親の寝室~

P1030053.jpg
~壁には詩が書かれている~

P1030031.jpg
~こちらにも~

P1030090.jpg
~庭のテラスで食事を楽しんだ~

家も大きく、設備も全て整っているし、ジャグジーやサウナも付いている。また、庭には大家の葡萄畑が広がっており、いかにも南仏、という雰囲気の中で休暇を始めることができた。子供達は暇があればプールで遊び、親はたまたま近くに休暇で来ていた知人とテラスでバーベキュー&地元のワインで乾杯、と、とても楽しい一時を過ごすことができた(ただ、かなりワインを飲み過ぎ、翌日午前中動けない日も何日かあったが)。

DSC064361.jpg
~後半の一軒家~

前半の一軒家の印象があまりに良かったので、後半の家にはがっかりしてしまうんじゃないか(プールも無いし、値段もこちらの方が安い)と心配していたのだが、こちらもとても素晴らしい一軒家だった。

DSC064351.jpg
~大きく広い庭~

DSC064371.jpg
~庭(2)~

DSC064381.jpg
~庭(3)~

場所はカルパントラから南に10km程のところにある、La Roque sur Pernesという、小高い丘と言っても良い位の、高さ300m程の小さな山の頂上にある、とても小さな村の、そのまた一番高台にある一軒家。

DSC063931.jpg
~玄関から地下に入る寝室~

DSC064051.jpg
~サロン(1)~

DSC064071.jpg
~サロン(2)~

DSC064431.jpg
~センスの良い照明~

DSC064001.jpg
~キッチン~

DSC064311.jpg
~キッチン(2)~

石壁の古い民家だが、芸術家である大家の手が入った内装はとてもセンスが良く、かつ田舎の簡素さも残しており、実に居心地が良かった。また、山の斜面に建っているので、玄関から入って地下に寝室があったり、キッチンの奥に2階の寝室に上る階段があったりと、ちょっとした迷路にようになっており、とても面白い構造をしていて最後まで飽きがこなかった。

DSC064181.jpg
~2階の寝室~

DSC064211.jpg
~2階の寝室横にあるこじんまりしたテラス~

DSC-06814.jpg
~テラスからみた夕景色~

屋上にはちょっとしたテラスがあり、夜には虫の鳴き声以外聞こえない中、満天の星空を眺めることができた。庭もとても広く、ここでも朝食やバーベキューなどを楽しむことが出来た。こちらの一軒家は特に気に入ったので、サイトを以下にご紹介させて頂く。
http://www.homelidays.com/hebergement/p6675671


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

クータンス

Author:クータンス
学生時代からフランスとゴシックの大聖堂に魅せられ、紆余曲折の人生を歩んだ結果、フランス永住の道を選択しました。
ここでは、フランスを中心としたゴシックの大聖堂を紹介したいと思いますが、フランスでは夜になると大聖堂は勿論のこと、殆どの歴史建造物がライトアップされます。また、単なるライトアップのみではなく、いくつかの大聖堂では、素晴らしい光のスペクタクルを見せてくれるところもあります。こういった大聖堂の写真も一緒に載せていきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。