スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルーアン大聖堂(夏のスペクタクルショー - その2)

DSC01892-2.jpg
~夕陽を浴びる西正面~

この夏最後のスペクタクルショー見学はルーアン大聖堂。このショーは3年前にご紹介している(http://coutances.blog62.fc2.com/blog-entry-80.html)が、調べてみたら2部構成の内、一部を新しいテーマで開催しているとのことだったので、見に行ってきた。

大聖堂自体は、このブログを書き始めた頃に一度ご紹介している(http://coutances.blog62.fc2.com/blog-date-201004-1.html)が、細部については触れていなかったので、今回改めて少しご紹介させて頂きたい。

ルーアン大聖堂はフランスでも有数のフランボワイアン・ゴシック様式の傑作だが、西正面、南北扉口の彫刻も大変見事だ。まずは、Portail des Libraires=本屋の扉口、の下部にある四角形のレリーフから。ここには旧約聖書を主題にした150以上ものレリーフが彫られている。合間には以下写真のように、人間の頭部と動物の胴体がくっついた奇妙な生き物等、見ていて微笑ましいものが多い。

DSC01798-2.jpg
~北扉口レリーフ(1)~

DSC01802-2.jpg
~北扉口レリーフ(2)~

次は西正面。有名なフランボワイアンの装飾は以前ご紹介したが、扉口のタンパン彫刻も見事だ。

DSC01871-2.jpg
~西正面中央扉口上部の切妻彫刻~

DSC01846-2.jpg
~非常に繊細なフランボワイアンの装飾~

まず中央扉口はエッサイの家系樹。西正面タンパンに選ばれるのには珍しい主題だ。

DSC01868-2.jpg
~エッサイの家系樹の彫刻~

そして聖ヨハネに捧げられた北扉口には、洗礼者ヨハネの斬首の場面が描かれる。左から右へ、ヘロデの饗宴、サロメの踊り、ヨハネの斬首、と場面が展開する。これも西正面に選ばれる主題として珍しいものだ。また、上部の透かし彫りも大変見事だ。

DSC01862-2.jpg
~Portail Saint-Jean、聖ヨハネの門~

南扉口には磔刑と復活の場面。

DSC01876-2.jpg
~南扉口のタンパン彫刻~

堂内はノルマンディー・ゴシックのため天井高は低い(28m)が、身廊側面のスクリーン処理が非常にユニークだ。身廊と側廊を結ぶアーケードの上部にさらに尖頭アーケードが乗っかり、その上にトリフォリウム、高窓層と、4層構成になっている。

DSC01835-2.jpg
~四層構成の身廊スクリーン~

DSC01832-2.jpg
~他ではあまり見られない珍しい構成~

また、側廊側から見ると、アーケード上部に幾本もの小円柱が付加され、立体的なアクセントとなっている。

DSC01804-2.jpg
~小円柱群(1)~

DSC01830-2.jpg
~小円柱群(2)~

円柱上部に人物の顔が彫刻として配置されているのも、ノルマンディー・ゴシック=英国のゴシックに通じるものがある。

DSC01813-2.jpg
~愉快な円柱上部の彫刻~

翼廊のアーケードはかなり高く、垂直性が重視されている。

DSC01824-2.jpg
~交差部の円柱が天井迄遮られることなく伸びる~

内陣もアーケードが外陣に比べ一層高くなっている。

DSC01811-2.jpg
~内陣のアーケード~

中央交差部には採光塔が配置されている。

DSC01817-2.jpg
~中央交差部~

ルーアン大聖堂は第二次世界大戦で甚大な被害を被ったため、数多くの素晴らしい中世のステンドグラスが破壊されてしまったが、少しながら残っている。中でも有名なのが、聖ジュリアンの物語のステンドグラス。フローベールはこの美しい焼絵硝子に着想を得て、「三つの物語」の中の聖ジュリアン伝を執筆した。下部左には、ステンドグラスを寄贈した魚屋が描かれている。

DSC01805-2.jpg
~聖ジュリアンの物語のステンドグラス~

DSC01809-2.jpg
~イエスの受難のステンドグラス~

DSC01822-2.jpg
~南翼廊にある聖ロマンのステンドグラス、こちらは16世紀の作~

DSC01838-2.jpg
~身廊から内陣を眺める

DSC01814-2.jpg
~側廊~

久しぶりにルーアン大聖堂をゆっくり見学したが、やはり素晴らしい大聖堂だった。丁度20年前、会社からフランス語研修でルーアンに派遣され、毎日のように大聖堂を眺めていたことを思い出し、もう20年もの歳月が経ったのか、としばし感慨に耽っていた。

さて、夜のスペクタクルショーだが、3年前と印象派を主題にしたものは変わらず、「「Viking(ヴァイキング)」と題された部が今回新たに加えられた。

まず、極彩色に彩られた西正面が浮かび上がり、

DSC01982-2.jpg

DSC01985-2.jpg

幕が開くように画面が開くと、

DSC01986-2.jpg

暗転した西正面に蝋燭が灯される。

DSC01987-2.jpg

続いてヴァイキングの船が現れる。

DSC01988-2.jpg

DSC01989-2.jpg

DSC01912-2.jpg

DSC01994-2.jpg

炎がめらめらと立ち上がり、

DSC01995-2.jpg

西正面が防壁で囲まれる。

DSC01997-2.jpg

そこをヴァイキング達がよじ登り、

DSC01999-2.jpg

金銀宝石が降り注ぐ。

DSC02002-2.jpg

木の扉で閉ざされると、

DSC02003-2.jpg

DSC02006-2.jpg

DSC02007-2.jpg

堂内が映し出される。

DSC02008-2.jpg

南北の塔にステンドグラスが描かれ、

DSC02009-2.jpg

中世の彩色された西正面が浮かび上がり、ショーは終了となる。

DSC02012-2.jpg

DSC02013-2.jpg

DSC01940-2.jpg

DSC01894-2.jpg
~通常のライトアップ~

なかなか見応えのあるショーだった。今回は本当に久しぶりに堂内もゆっくり見学し、改めてルーアン大聖堂の素晴らしさを味わうことが出来て良かった。パリから僅か1時間半の距離、もっと頻繁に訪れたいと思う。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

クータンス

Author:クータンス
学生時代からフランスとゴシックの大聖堂に魅せられ、紆余曲折の人生を歩んだ結果、フランス永住の道を選択しました。
ここでは、フランスを中心としたゴシックの大聖堂を紹介したいと思いますが、フランスでは夜になると大聖堂は勿論のこと、殆どの歴史建造物がライトアップされます。また、単なるライトアップのみではなく、いくつかの大聖堂では、素晴らしい光のスペクタクルを見せてくれるところもあります。こういった大聖堂の写真も一緒に載せていきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。