スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポワティエ大聖堂

本当に久方降りのブログ再開の第一回目は、ちょっと変わったゴシック建築であるポワティエ大聖堂のご紹介から。

DSC07285-2.jpg
~ポワティエ大聖堂西正面~

ポワティエはパリの南約350kmに位置し、ポワトゥ・シャラント地域圏の首府、ヴィエンヌ県の県庁所在地で、郊外も含めると約25万人の人口を有するフランス中部で有数の都市だ。近くにあるFuturoscopeという科学技術のテーマパークは、大人でも十分楽しめ、私も家族連れで何とか遊びに行っている。

DSC07253-2.jpg
~西薔薇窓と天使~

ポワティエの町は、地理的な立地から、経済、軍事、宗教、政治といったあらゆる観点から重要な拠点で、紀元前からこの地に町が存在し、4世紀には既に司教座が置かれていた。軍事の観点からは、世界史に疎い人でも、フランク王国がイスラムのウマイヤ朝を撃退した、トゥール・ポワティエ間の戦い(732年)位は聞いたことがあるのではと思う。バブル世代の私達には、フランスが80年代後半に、日本の電化製品(特にビデオデッキ等)を標的にし、特定品目の輸入をポワティエの税関に限定するといった政策を導入し、この半ば嫌がらせのような保護主義的な対応を、現在の「ポワティエの戦い」だ、と揶揄していたことが、ポワティエの町の名前を聞いて思い出されるだろうと思う。

DSC07290-2.jpg
~西正面と南塔~

さて、ポワティエ大聖堂=Cathédrale Saint Pierre、聖ペテロ大聖堂、であるが、シャルトルからアミアンに繋がる古典ゴシックの系統から外れる、プランタジネット様式を採用した大聖堂として知られている。ロワール地方のアンジェ大聖堂や町のその他の教会堂で多く採用されたことから、アンジェ様式とも呼ばれているが、一番の特徴は、非常に鋭角な高い交差ヴォールトだ。代表として知られるアンジェ大聖堂では、交差ヴォールトの頂点は起点より3.5mも高くなっている。この様式は殆どフランス中部に集中しているが、同地域では、ペリグー大聖堂やアングウレーム大聖堂のような、円形ドームを戴いたロマネスク様式の大聖堂があり、ここに新様式であるゴシックの交差ヴォールトが入ってきたことから、両方が交じり合ったような形態が生まれた、とされている。

DSC07130-2.jpg
~簡素で剛健な造り、ゴシック初期の作品~

DSC07279-2.jpg
~タンパンの最後の審判の彫刻~

その他にもいくつか、他のゴシック大聖堂には無い特徴があるが、西正面から順に見て行きたい。写真をご覧の通り、横に広く南北に未完成の塔を従える。どちらかと言うと簡素な造り、着工が1155年頃、まだまだゴシック初期の作品だ。

DSC07132-2.jpg
~プランタジネット様式の堂内~

DSC07136-2.jpg
~非常に高い側廊~

DSC07228-2.jpg
~広い堂内~

DSC07275-2.jpg
~すらりとした石柱~

DSC07288-2.jpg
~フライングバットレスの無い側面~

しかし、堂内に入ると印象は一変する。そこには広大なホールのような空間が拡がっている。身廊から側廊に開くアーケードは非常に高い。前者と後者の天井高はそれぞれ、30mと24m、スペインの一部のゴシック建築を除き、このような構造のゴシック建築は存在しない。勿論、フランスでは異色の存在だ。側廊下が非常に高いことから、古典ゴシックに見られるようなアーケードの上のトリフォリウムや高窓層は存在しない。側面にはフライングバットレスが無く、このため、側面の下半分がステンドグラスの無い壁面となっているが、ホールのような堂内のため、大変明るい。石柱が細いのも印象的で、堂内を広大に見せるのに一役買っている。空間処理は南方ゴシックのそれと非常に似通っている。何故フランス中部にぽつんと一つだけ、このような斬新な様式の大聖堂が建てられたのか、大変興味深いところだ。

DSC07218-2.jpg
~壁面で完結している東端~

ずっと奥に進んで内陣から東端を見てみよう。後陣が周歩廊ではなく、壁面となっている。ポワティエ大聖堂と略同じ年に着工された初期ゴシックの代表例であるラン大聖堂も東端が壁面で完結している。

DSC07256-2.jpg
~「磔刑」のステンドグラス~

DSC07151-2.jpg
~拡大部分~

また、ポワティエ大聖堂には、12、13世紀の古いステンドグラスが数多く残されているが、特に有名なのが、東端壁面の中央に嵌め込まれた、「Crucifixion=磔刑」のステンドグラス。これを見るためだけにでも、ポワティエ大聖堂を訪れる価値は十分にある。12世紀半ばに制作された、現存するフランス最古のステンドグラスの一つであるが、高さ8.35m、幅3.1mと非常に巨大かつ、デザイン、構図、色彩と、どれを取っても類例の無い大変独創的な作品で、シャルトル大聖堂に残る数枚のロマネスク期のステンドグラスと並び称される、大変美しいステンドグラスだ。

DSC07144-2.jpg
~中央の磔刑の図像、鮮やかな色彩~

「磔刑」は、絵画では数多く取り上げられている主題だが、ステンドグラスでは珍しいと思う。中央に磔にされたイエスが、青で縁取りされた赤い十字架の上に描かれる。赤い色は贖罪の血を表し、イエスの苦しそうな表情と合わせ、磔刑の場面をドラマチックに見せる。ちなみにここで使われている青は、「シャルトルブルー」と同系統の淡い青、血の赤とのコントラストが大変美しく、中世人の色彩感覚には驚くばかりだ。

DSC07259-2.jpg
~下部の「復活」の場面と聖ペテロの磔刑~

DSC07257-2.jpg
~「昇天」~

十字架の下にはイエスの墓が描かれているが、そこには灯がともるだけで遺影は無く、復活を表している。そして最上部には昇天するイエス=キリストが、舟形の光暈に乗り、両端には天使が、扇を広げたような形で手足を大きく伸ばし光暈を支えながら踊っているように見える。最初に「磔刑」が主題、と言ったが、ここでは、復活、昇天、といった贖罪の3大主題が描かれているのだ。加え、最下部には逆さに磔にされた聖人、つまり、ポワティエ大聖堂が捧げられた聖ペテロを表しており、2つの「磔刑」を描いている、ということでもある。近くで見ると描かれた全ての人物が生き生きと迫って来、離れて全体を眺めると、大胆な構図が鮮やかな色彩で浮かび上がる。実に素晴らしい芸術作品だ。

DSC07174-2.jpg
~その他にも美しいステンドグラスが数多く嵌め込まれている~

DSC07159-2.jpg
~聖ペテロと聖パウロのステンドグラス~

DSC07188-2.jpg
~聖母マリアの彫刻~

ここポワティエには、ゴシックの大聖堂の他に、ロマネスク様式の傑作と呼ばれる教会堂もある(もしろ、こちらの方が有名)。ついでにお話するのはちょっと勿体無いので、きちんと改めてご紹介したい。



聖ローレンツ教会(ドイツ、ニュルンベルク)

クリスマス前に少し休暇を取り、ドイツに行ってきた。

DSC07703-.jpg
~ニュルンゲルクのクリスマスマーケット~

今回は、ニュルンベルク、レーゲンスブルク、ウルムを回ってきた。勿論目的はゴシック建築を見に行くことで、当初は、ウルムの代わりにフライブルクに行く予定だったが、直前にフライブルク大聖堂が大規模修復工事を行っており、美しい尖塔が殆ど見られないことが判明、既に何度か行ったことはあるものの、最も好きな大聖堂の一つがあるウルムに変更した。

DSC07713-.jpg
~クリスマスマーケットのある中央広場に面したフラウエン教会~

065.jpg
~クリスマスマーケットの屋台~

ゴシック建築見学が第一の目的ではあるものの、これは私のみで、家族の目的はクリスマスマーケット巡り。幸い、今回訪問した町では全て魅力的なクリスマスマーケットが開催される。木組みの小屋が並び、可愛いクリスマスの飾りが売られている。グリューワインで体を温めながら美味しいソーセージを頬張り、どの飾りを買おうか、とお店を冷やかしながら歩くのは、大人であってもとても楽しいもので、短いながらも、日常を忘れ満喫した休暇を過ごすことが出来た。

053.jpg
~可愛いらしい装飾が売られている~

055.jpg
~美味しそうな屋台のソーセージ~

さて、お目当てのゴシック建築のご紹介だが、まずは初日に訪れたニュルンベルクから。ちなみに、ニュルンベルクのクリスマーケットは、ドレスデン、シュトゥットガルトと並び、ドイツの3大クリスマスマーケットとして有名で、ゴシックの教会や噴水塔のある中世の雰囲気漂う中央広場には、180もの屋台がぎっしり並び、世界各地からの観光客で一杯で、普通に歩くのにも苦労する程。ここの名物のニュルンベルガーソーセージは指の大きさ程の小さなものだが、これがびっくりする位美味しい。家族皆で何本も頬張ってしまった。

DSC07737-1.jpg
~聖ローレンツ教会西正面、すっと伸びた2つの尖塔が美しい~

前置きはこれ位にして、ここには、いかにもドイツ式ゴシックと言える、聖ローレンツ教会(大聖堂ではない)がある。13世紀半ば頃に建設が開始され、1400年頃には身廊部分が完成した。その後、1439年、ホール形式の内陣部分の建設が始められ、1477年に献堂式が行われた。

DSC07730-1.jpg
~外観~

DSC07743-1.jpg
~西正面入口のタンパン彫刻~

DSC07728-1.jpg
~尖塔を仰ぎ見る、いかにもドイツ・ゴシック~

DSC07733-1.jpg
~薔薇窓と上部の切妻装飾~

西正面より順を追って見ていこう。これぞドイツ、というような堂々たる姿で、黒っぽい壁面に82mの二つの尖塔が天にすっと伸びる。簡素だが、垂直性を重視したその姿はドイツ・ゴシックの精神性を良く体現している。中央部分には、下から、繊細ながらも生き生きとした躍動感が感じられる素晴らしい入口タンパンの彫刻。その上には、薔薇窓層が乗るが、これが非常にユニークで、中央の内輪は堂内の薔薇窓をそのまま堂外に見せるが、その外円を石の彫刻による装飾が取り囲む。そして最上部には鋭角な三角形の切り妻装飾を頂く。ストラスブール大聖堂と似通ってはいるが、より無骨で、ゲルマンの大聖堂、という印象を見る者に与える。

DSC07868-1.jpg
~堂内、身廊は暗く、内陣が明るいのが分かる~

DSC07789-1.jpg
~外陣、アーケードと高窓層の間が壁面となっている~

DSC07791-1.jpg
~外陣側廊、ここでも奥の内陣が明るいのが見て取れる~

DSC07853-1.jpg
~翼廊から外陣を見る~

堂内に入ると、身廊と内陣の様式が大きく異なっており、二つの建築が翼廊で繋がったように感じる。身廊は教会建設の初期に造営されたもので、アーケードと高窓層の間が壁面で閉じられ、暗く重い印象を与える。

DSC07787-1.jpg
~教会を側面から見る、外陣と内陣の規模の違いがはっきり分かる~

DSC07777-1.jpg
~巨大かつ大胆な構造の後陣~

DSC07850-1.jpg
~内陣から外陣を見る、開けた空間が奥の外陣では閉じているのが分かる~

DSC07821-1.jpg
~内陣の周歩廊~

DSC07838-1.jpg
~内陣天井、複雑なオジーブ~

DSC07827-1.jpg
~ドイツの森を彷彿させる柱と天井~

DSC07801-1.jpg
~明るさと鬱蒼さの共存~

これに対し、先に述べた、1439年に建設が始まったホール形式の二層構造の内陣は、二層式で明るく、広く、そして支える円柱はすっと細く、まるで南仏やスペインに見られるゴシック様式のようだが、天井は複雑な装飾オジーブで覆われ、冬の暗さも相俟ってか、ゴシックの象徴として例えられる、森の木々が上に向かって枝葉を広げ、空を覆い隠しているかのようで、ここでもドイツ的ゴシックを見ることが出来る。高さ、幅共に、内陣の方が外陣と比べはるかに巨大で、その違いは外から見るとよりはっきりと見て取れる。天井高はわずか24.2mとのことだが、視覚効果により、もっと高く見える。

DSC07795-1.jpg
~側廊礼拝堂には様々な絵画や祭壇画が~

DSC07796-1.jpg
~祭壇彫刻~

DSC07803-1.jpg
~受胎告知のレリーフ~

DSC07807-1.jpg
~レリーフ越しに天井を仰ぎ見る~

堂内には素晴らしい装飾彫刻が数多くあるが、特筆すべきは、受胎告知の天蓋彫刻とフランボワイアン様式の聖餐檀だ。天蓋彫刻は1517年にファイト・シュトースにより制作された巨大な木造彫刻(彫刻を囲む輪の大きさは何と3.7m x 3.2mもある)で、聖母マリアと天使ガブリエルの衣装の襞迄実に繊細に浮彫されている。

DSC07809-1.jpg
~フランボワイアン様式の聖餐壇~

DSC07811-1.jpg
~拡大したところ~

DSC07813-1.jpg
~壇上部分~

DSC07814-1.jpg
~こちらは土台部分~

DSC07861-1.jpg
~仰ぎ見たところ~

DSC07846-1.jpg
~非常に繊細な浮彫彫刻~

DSC07847-1.jpg
~作者が作品を支える~

しかし、聖ローレンツ教会での最大の見所は何と言っても、15世紀終わりにアダム・クラフトにより制作された聖餐壇だろう。これ程繊細で美しく、均衡の取れたフランボワイアン装飾はフランスでもめったにお目に掛かることはできない。壇を支えるのは製作者のアダム・クラフト本人とその弟子達。自らの技量への誇りと自負が、彫刻の表情からも十分に伺える。

DSC07832-1.jpg
~ステンドグラス(1)~

DSC07841-1.jpg
~ステンドグラス(2)~

DSC07845-1.jpg
~ステンドグラス(3)~

数は多くないが、15-16世紀のステンドグラス群もなかなか見事だ。

DSC07716-1.jpg
~ライトアップ(1)~

DSC07718-1.jpg
~ライトアップ(2)~

DSC07724-1.jpg
~ライトアップ(3)~

夜のライトアップは控え目ではあるものの、それが却って、この簡素でドイツ的な建築物に相応しい光を当てており、冬の寒い夜空に時間が止まったかのように教会堂を浮かび上がらせていた。


引っ越し

私事ですが、11月中旬に引っ越しをしました。前の家は子供二人が一つの子供部屋を共有していたのですが、長男が大きくなってきたため、それぞれに部屋が必要となったためです。

064.jpg
~前の家、この暖炉が趣きがあり好きでした~

古い趣きのあるアパルトマンでしたが、壁、床が薄く上の音が本当にうるさかったり、水周りが悪く何度も不便な思いをしたので、親としては引っ越してホッと一息ですが、下の娘が、古い前の家を離れるのを寂しがって最後まで泣いていました。新しい家の方が、新しくて広いし、自分の部屋もあるので、絶対いいと思うのですが、今与えられているものに満足し、大事に思う心を持ってくれるようになってくれ、親として嬉しい思いでした。

067.jpg
~何も無くなった家を、下の娘が、「このお家好きなのに離れるの寂しい」と最後まで泣いていました~

引越しのゴタゴタや環境の変化で、ずっと多忙にしており、ブログの更新も全然できていませんでしたが、漸く落ち着いてきましたので、また色々とゴシック建築をご紹介していきたいと思います。

アルデッシュ渓谷の鍾乳洞

前回お話した通り、今回は大聖堂(教会堂)訪問だけじゃなく、色んな事を楽しんできた。いくつかご紹介させて頂こうと思うが、まずは鍾乳洞見学から。

DSC-06148.jpg
~サン・マルセル鍾乳洞のリムストーンとリムプール~

日本では殆ど知られていないと思うが、フランスには物凄く沢山の鍾乳洞があり、多くは南仏に集中している。今回訪れたのは、アルデッシュ渓谷に点在する鍾乳洞。アルデッシュ渓谷は、石灰岩地層が30km以上に亘り削られてできた渓谷で、有名な観光名所となっている。

DSC-06122.jpg
~アルデッシュ渓谷(1)~

DSC-06128.jpg
~アルデッシュ渓谷(2)

ご存じの方も多いかとは思うが、石灰岩地層は昔海であったところで、サンゴや貝などが堆積してできた地層だ。石灰岩には方解石(小学校の理科の実験でやった、複屈折をする鉱物)を50%含む。方解石の組成は炭酸カルシウムで、雨水に溶ける。雨水に溶け地層は地下に空洞を作る。空洞が出来ると、その後滲みだしてくる雨水の中の炭酸カルシウムが再結晶化する。これが鍾乳石で、天井や壁、地盤にこれらの再結晶生成物が見られる洞窟を鍾乳洞と言う。なお、厳密に言うと、鍾乳石は天井から垂れ下がったもの、天井からの水滴により地面から上に伸びるものが石筍、鍾乳石と石筍が繋がったものを石柱と呼ぶ。

DSC-06108.jpg
~オルニャック鍾乳洞の滝のような鍾乳石群~

実は、私は小さい頃、鍾乳洞が大好きで、中高校生の頃、日本の殆ど有名な鍾乳洞を訪ねて回った。あの地下に繰り広げられる神秘的で美しく雄大な世界にすっかり魅せられ、その頃は鍾乳洞見学が一番の趣味だった。大人になっても子供の頃のワクワクする思いは消えず、今でも鍾乳洞に行くのはかなり楽しみだ。

さて、今回行ったのは、アルデッシュ渓谷の中で最も大きいオルニャック鍾乳洞(Aven d'Orgnac)とサン・マルセル鍾乳洞(Grotte de Saint Marcel)。

DSC-06029.jpg
~オルニャック鍾乳洞内部(1)~

DSC-06035.jpg
~オルニャック鍾乳洞内部(2)~

DSC-06038.jpg
~オルニャック鍾乳洞内部(3)~

DSC-06046.jpg
~オルニャック鍾乳洞内部(4)、お皿を積み重ねたような鍾乳石が特徴~

DSC-06050.jpg
~オルニャック鍾乳洞内部(5)、大きな松ぼっくりを冠したような石筍~

DSC-06052.jpg
~オルニャック鍾乳洞内部(6)、壁一面の鍾乳石~

DSC-06069.jpg
~オルニャック鍾乳洞内部(7)~

DSC-06084.jpg
~オルニャック鍾乳洞内部(8)~

DSC-06088.jpg
~オルニャック鍾乳洞内部(9)~

DSC-06101.jpg
~オルニャック鍾乳洞内部(10)~

DSC-06116.jpg
~オルニャック鍾乳洞内部(11)、最奥部のホール、かなり大きな鍾乳石~

オルニャク鍾乳洞には、日本の鍾乳洞ではまず見られない非常に大きな鍾乳石が沢山存在する。中でも変わっているのは、お皿を何枚を積み重ねたような石筍が多数見られること。これは、天井から地面までの距離が長く、水滴が落ちた瞬間に大きく横に弾けるため、横に広がって方解石が再結晶化していくからだそうだ。

DSC-06139.jpg
~サン・マルセル鍾乳洞、入口付近の大きな鍾乳石~

次はサン・マルセル鍾乳洞。

DSC-06134.jpg
~地下水流に削られた跡がはっきりと残っている~

こちらも総全長57km(ちなみに日本最長は岩手県にある安家洞で23km)と大きく、壁面には地下水により削られた跡がかなりはっきり残っており、鍾乳洞生成当初の地下水流の激しさを物語っている。

DSC-06145.jpg
~鮮やかな鍾乳管~

DSC-06172.jpg
~大ホールの鍾乳石群~

DSC-06179.jpg
~壁一面の鍾乳石~

DSC-06185.jpg
~最奥部

DSC-06154.jpg
~リムストーン(プール)のライトアップ(1)~

DSC-06197.jpg
~ライトアップ(2)~

DSC-06203.jpg
~ライトアップ(3)~

DSC-06204.jpg
~ライトアップ(4)~

DSC-06209.jpg
~ライトアップ(5)~

DSC-06210.jpg
~ライトアップ(6)~

DSC-06213.jpg
~ライトアップ(7)~

ここの最大の見所はリムストーンと呼ばれる棚田のような変わった鍾乳石。これは洞床の傾面に沿って水が少しずつ流れて棚田のような水たまりが形成されたもの池の(ようになったものをリムプールという)で、日本では秋吉洞の「百枚皿」が有名。真っ暗闇の中、緑や青、黄と色彩を変えてのライトアップはとても幻想的で美しかった。


南仏でのバカンス

今年の夏休みは南仏のプロヴァンスに行ってきた。

DSC-06500.jpg
~ポン・デュ・ガールの水道橋~

今回は移動して色々見て回る旅ではなく、ゆっくりと休息することを目的として、一軒家を借りることにした。一週間ずつ、前半後半で違う一軒家を借り、計2週間の休暇。その間、近隣のワインの造り手訪問や、村巡りなどを楽しんだ。

DSC-06811.jpg
~南仏の「赤い村」ルシヨン~

残念ながら、プロヴァンスには見どころのあるゴシックの大聖堂は無いのだが、ロマネスク教会の宝庫なので、これらもいくつか訪ねて回った。振り返ってみるとあっという間だったが、久し振りにフランスの田舎の良さを満喫できた休暇だった。

DSC062281.jpg
~最初の一週間に借りた一軒家~

色々とご紹介したいと思うが、まずは滞在した一軒家から。こちらでは、長期間の休暇取得が可能(2週間でも短い方)なので、ホテルと転々とするのは大変かつコストもかかることから、短期貸のアパートや一軒家を借りることが多い。ただ、お得な物件は一年前から予約が埋まってしまうので、相当前から計画を立てる必要がある。私も今年の始めには予約をしたのだが、それでも、探すのに結構苦労した。

最初の一週間はアヴィニョンの東にあるカルパントラという町の外れにある一軒家。子供達が退屈するだろうと思い、プール付の一軒家を借りたのだが、大当たりで非常に快適だった。

DSC062251.jpg
~プールもあり子供達も大満足だった~

P1030017.jpg
~サロン~

P1030019.jpg
~サロン(2)~

P1030073.jpg
~キッチン~

P1030068.jpg
~子供部屋~

P1030033.jpg
~親の寝室~

P1030053.jpg
~壁には詩が書かれている~

P1030031.jpg
~こちらにも~

P1030090.jpg
~庭のテラスで食事を楽しんだ~

家も大きく、設備も全て整っているし、ジャグジーやサウナも付いている。また、庭には大家の葡萄畑が広がっており、いかにも南仏、という雰囲気の中で休暇を始めることができた。子供達は暇があればプールで遊び、親はたまたま近くに休暇で来ていた知人とテラスでバーベキュー&地元のワインで乾杯、と、とても楽しい一時を過ごすことができた(ただ、かなりワインを飲み過ぎ、翌日午前中動けない日も何日かあったが)。

DSC064361.jpg
~後半の一軒家~

前半の一軒家の印象があまりに良かったので、後半の家にはがっかりしてしまうんじゃないか(プールも無いし、値段もこちらの方が安い)と心配していたのだが、こちらもとても素晴らしい一軒家だった。

DSC064351.jpg
~大きく広い庭~

DSC064371.jpg
~庭(2)~

DSC064381.jpg
~庭(3)~

場所はカルパントラから南に10km程のところにある、La Roque sur Pernesという、小高い丘と言っても良い位の、高さ300m程の小さな山の頂上にある、とても小さな村の、そのまた一番高台にある一軒家。

DSC063931.jpg
~玄関から地下に入る寝室~

DSC064051.jpg
~サロン(1)~

DSC064071.jpg
~サロン(2)~

DSC064431.jpg
~センスの良い照明~

DSC064001.jpg
~キッチン~

DSC064311.jpg
~キッチン(2)~

石壁の古い民家だが、芸術家である大家の手が入った内装はとてもセンスが良く、かつ田舎の簡素さも残しており、実に居心地が良かった。また、山の斜面に建っているので、玄関から入って地下に寝室があったり、キッチンの奥に2階の寝室に上る階段があったりと、ちょっとした迷路にようになっており、とても面白い構造をしていて最後まで飽きがこなかった。

DSC064181.jpg
~2階の寝室~

DSC064211.jpg
~2階の寝室横にあるこじんまりしたテラス~

DSC-06814.jpg
~テラスからみた夕景色~

屋上にはちょっとしたテラスがあり、夜には虫の鳴き声以外聞こえない中、満天の星空を眺めることができた。庭もとても広く、ここでも朝食やバーベキューなどを楽しむことが出来た。こちらの一軒家は特に気に入ったので、サイトを以下にご紹介させて頂く。
http://www.homelidays.com/hebergement/p6675671


プロフィール

クータンス

Author:クータンス
学生時代からフランスとゴシックの大聖堂に魅せられ、紆余曲折の人生を歩んだ結果、フランス永住の道を選択しました。
ここでは、フランスを中心としたゴシックの大聖堂を紹介したいと思いますが、フランスでは夜になると大聖堂は勿論のこと、殆どの歴史建造物がライトアップされます。また、単なるライトアップのみではなく、いくつかの大聖堂では、素晴らしい光のスペクタクルを見せてくれるところもあります。こういった大聖堂の写真も一緒に載せていきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。